2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日 (火)

深夜の出会い

仕事が終わった後、ちょっと用事があって深夜にヨットへ・・・・。

キャビンに入り暫くすると、何となく人の気配。

外を覗くとお隣さんのK船長が深夜のご出勤。

「お互い好きっすねーーーー」とご挨拶し、k船長のフネで暫しヨットよもやま話。

ふとデッキを見ると新たな機材がついてらっしゃる。思わず記念写真。

P1000701

FUSOの最新プロッタとFURUNOのGPSの二段重ね。FURUNOの方は文字だけ表示するタイプだが、逆にシンプルで表示文字サイズも大きく、遠目からも速度・方位が一目で判る。こりゃ判りやすい・・・。

k船長曰く、プロッタとオーパイを連動させ、フネが勝手に目的地まで走ってくれるように格闘中だとのこと。凄く立派なドジャーがついたヨットなので、さぞや快適航行になるでしょうねhappy01

あとk船長も今までキャビンの中に航海計器を入れていたが、、シングルハンドが殆どでついつい見るのが面倒になって危険だ・・・というのと、キャビンの中での船酔いの格闘が辛いと仰ってた。このアームにして外に出してから、至極快適で逆に安全性も高まったとのこと。 うん、、、同感です。シングルハンドだとキャビンに入るの怖いもんね。。

この兵器?を使って、夏は三宅目指すとの事。毎度お誘いを受け、今度は一緒に行こうよとお言葉頂いたが、どうにも自分の休みが何時も合わない・・・。でもマリーナ~三崎のレグだけならば一泊しても京急で帰れるから乗せて頂こうかな・・・とか思いつつ・・・よもやま話も何時の間にか日付を跨ぎお先に帰宅の徒につかさせて頂きました。楽しかったです。

2010年5月21日 (金)

復活 マリンエアコン

昨年、ソレイユルボンに搭載したマリンエアコン。

艇売却時にはしっかりと取り外しておきました。

暑い夏が来る前に装着してみました。

が・・・マリンエアコンって「とりあえず」の工事って凄く難しいです。給水・排水の問題がありますし、設置場所も何処でも良いというわけにはいきません。しかもルボン用として5000BTUのを購入したので、今のCC30には容量不足が目に見えています。将来はエアコンのサイズアップを考えていますが、今はある物を使うということで・・・なのでバルクヘッドなどに穴をあけたくありません。

あーでもない、こーでもない・・・と考えた挙句、壊れたトイレを取り外し、便器のあったところにエアコンを設置。給排水はトイレのスルハル。という暴挙にでました。

一応動くことは動いたんですが・・・キャビンを冷やす際にはトイレのドアを開けっぱなしにしなければなりません。

そして、トイレのドアの開口部があれば冷気は回ってくるだろう・・と考えたが甘かった。トイレドアの周りしか涼しくありません。こりゃダメだ。

そこで、ああでもない、こうでもない・・・と考えた挙句、階段の下に設置。しかも設置方法は目を覆うばかり。

P1000722

じゃーん。プラスチックの衣装コンテナに入れて設置。余りにも酷い、、、酷すぎる。。。外見だけでなく艤装も酷すぎる・・・ 給水ホースなんて家庭用の奴ですぜ。

P1000720

これが完成図。ああ、、酷い、酷すぎる・・・・・。赤いドイトの買い物テープが寂しいです。

とりあえず、このボックスの前に階段(梯子)が来るので余り見えないので、、、ま、いっか。取敢えずの設置ですので。

さて、昨日試運転してみたのですが、外はこの時期にしては冷たい雨。なので5000BTUでも十分に冷えてくれました。ピーカンの日には人が座る辺りにダクトを向けてスポットエアコン的の使用になると思います。とてもキャビン全体を冷やすパワーはないでしょう。

それにしても温度調節しか出来ず、風量は最大風速一定のまま。温度調節もサーモスタットにてコンプレッサが切れた繋がったり・・・。一定の温度を保つのはかなり難しい感じ。マリンエアコンってどうしてこう旧態依然とした構造のでしょうかね・・・・。

容量アップの為に買い換える気が起こらなくなります。。。。が、私のヨットの滞在時間は平均3時間程度の使い方なので、昼間に来た時にオーニングを張って海パンに履き替えて・・なんてやっている時間が無いのが実情。休日一日をここで過ごすというならば、それでいいんですが・・・3時間後には次の待ち合わせ場所へ、人に会うに恥ずかしく無い格好で向かう事がほとんどなので、夏の昼間は汗だくになるのでキャビンに入ることができないです。

ということで、恥も外聞も捨てて、家庭用エアコン入れてやろうかな?と考え中・・・。見た目を気にしなければ、効き目・性能・価格とも圧倒的勝利ですからね。どーせドンガメ艇なので行き着くところまでいってやりますか・・・・???

AIS

今話題のAISっつうのをゲットしました。

海外サイトで安いのがある・・・との噂を某BBSで聞いて、個人輸入してみました。

モノは

http://www.milltechmarine.com/AMEC-CYPHO-101-AIS-Receiver-with-USB-RS232-NMEA_p_143.html

こちらのサイトからペイパル支払いで注文。

ウエストマリン以外での初めての個人輸入だったので色々心配だったのですが、1週間で普通に届きました。ブツは329ドル。送料入れて39700円でした。国内製品は15万以上してるし、ウエストマリンの最安値商品でも596ドルだから、かなり安かったです。

P1000750

こんな感じの箱に入ってやってきました。

P1000752

手の上にちょこんと乗るサイズでした。

P1000753

一応完全防水をうたっていて、出力もUSB・NMEA0183・RS232Cと3系統。0183は入力も出来るみたいで、説明書を見ると「GPS信号~本機~GPS信号とAIS情報を重畳して出力」ということも出来るようです。AISはNMEA0183のVDM信号の 38400ボーという一番汎用性の高いフォーマットのようです。

パソコンでAIS情報を見る為に、簡単な専用ビュワーソフトも付属されていました。まだインストールしてませんが・・・そのうちに。。。自分はAIS対応プロッタもAIS対応ソフトも一切持ってないので 取敢えずこのソフトで遊ぶつもりです。将来的には・・・ムフフ。ずっと前に話題にしたレーダー関係を何とかして手に入れて、ミニイージス艦!(になるといいな。希望的観測・・・)

2010年5月10日 (月)

久々の日曜日の出航

久々に、日曜日に日のある内に出航。。。

シーズンに入ったからか海の上は・・・・大混雑。荒川を出ると若洲沖にはディンギーのレースでカラフルなセイル達がいっぱいです。そして遠く風の塔から東京灯標にかけては本船ウジャウジャ。。

前回の本船まみれの記憶が蘇り・・・今日は浦安方面に決定。

ディンギーレースの邪魔にならぬ様、三枚洲沖を迂回して浦安方面に向かいましたが、どうも東京港東航路の出入りが非常に多い・・・やたら本船が出たり入ったり。。沖に出ると本船の邪魔になりそうだし、岸に寄るとディンギーレースの邪魔になるし・・・。実際に走れる所が非常に少ない・・・・。

我慢の子で本船航路脇を浦安方面に走らせると・・・ありゃ、今度はでっかいヨットが数珠繋ぎに見えてきました。どうやら浦安Mでもヨットレースやっている模様。自分の腕だと邪魔するつもりなくても邪魔になりかねないので・・・浦安マリーナ沖でUターン。

そうしていると風が落ちてきた・・・そこで、前回トラブったファーラーの展開・巻取りを何度も繰り返して練習を・・・。ついでに1ポン・2ポンリーフをこれまた何度も練習。普段の天候でモタつくようなら荒天時に出来るわけないですもんね。

その後、ホームポートに向かおうと思うと、上りギリギリという感じ。まだこの船の登り角度とかよく判らないので、速度をチェックしながら帰ろうと思ったら・・・

GPSがダウン。

P1000646

ありゃ、どうした・・・うごけよ、おい。。。  

どうやらガス欠電池切れ。あーあ。速度がわからない・・・。

仕方なく夜用GPSプロッタをキャビンから出してきて接続。

P1000648 

しかしこのGPSの置き場所・・・・余りにも適当すぎ・・・。オーパイのオンオフボタンがGPSで隠れる始末。風向風速計の速度表示も影に隠れて見えないし・・・・。エンジンパネルなんざ手探りですぜ。なんとかしたいな・・・近いうちに移設ですな・・・・。

そんなことやっていたら、風速がゼロになって全く動かなくなってしまいました。んもー、仕方ないなぁ。もう帰るだけだからエンジンスタートしますか。。。。

そして荒川に向けてトコトコ上っていくと・・・・うーむ全然風が無くて暑いんですが。。夏みたいです。。暑いなぁ・・・。。

と能天気に考えていたんですが、そのうちに後ろから風が。。。考えてみたら前進してるのに風が無いのって変じゃない???????

あれっ?と思って後ろを振り向いたら妙に海面がざわついている。セイルが中途半端に出しっぱなしだったので、風に立ててセイルを降ろそうとして転舵したら・・・ドコーーンと風の塊を感じました。ピタッと風が止まって数分しか経っていないのに、既に逆風が15ktになっていました。

何時もながらに天候は一瞬で変わりますね~~。

とっても混んだ海上でしたが、それはそれで楽しめました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »