2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初夏の陽気に誘われて | トップページ | NMEA2000 覚書 »

2010年6月14日 (月)

夏だ。シャワーが気持ち良い!

夏っぽくなりましたね。暑いですね。シャワーが気持ち良い季節ですねーーー。

というのは負け惜しみ。今日は頭からガッツリと海水シャワーを浴びてしまいました。

ヤフー天気予報見ると、南の風7mとなっています。こういうときは海上では倍ほど吹いているときが多いですが・・・・やはり24kt平均吹いていました。時折30ktに届くほど・・・。

 

 午前11時、強風を予想しつつもマリーナを出港。暫くして荒川河口が見えてくると・・・・あらららら、ずっと先の先行するヨットのキールが見えるじゃないですか!チョッピーな波で物凄いピッチングを繰り返しています。まるでロデオのようです。。。

どうする?やめるか??それとも出るか・・・????

でも荒れた海面も練習しておきたいので取り敢えず河口に出てみると・・・

ザッブーーーン!!とバウに波が一発。

それと同時に盛大なるスプレーあげて頭からザッバーーン!!

それから暫くはザッブーーーン、ザッパーーンの繰り返し。もうここまで濡れたら何をためらう必要があるだろうか。。。。ということでそのまま出港してみました。

しかし・・・強風で大波の上に更に小波と風紋が出来ている感じで非常に不気味。もう5ktも吹けば海面が白く泡立ち始めそうな感じです。視覚から来る不気味さからメインセイルを上げる勇気がどうしても湧きません。周りにも夢の島マリーナから出港したヨットが数艇いるのですが、どの艇もマストにクルーが抱きついて必死でセイルを上げているのが見えます。こちとらまたしても一人身ですので、舵をオーパイに任せてマストに行く勇気が出ません・・・・・。でもこういう場面でこそセイリング練習したい・・・。

そこで、メインセイルは後回しにして、ジブだけ出してみることに。

ゆっくりとファーリングジブを2ポンリーフ用位置まで展開してみました。すると風を掴み、一気に6ktぐらいまで加速し始めました。だが・・・セイルシェイプが明らかにイビツ。実際、風上航アングルが60度程度で、すぐにバサバサとシバーしてしまいます。その上、ホイルに沢山のセイルが巻いてある状態なので、その重量が慣性力となってムチの様にヘッドステイを震わせます。これが続くと重大なダメージを与えてしまいそうです。元々ファーラーをリーフして使うのは良くないのは判ってますが、、、改めてその訳が判った気がしました。

どうしようか・・・ジブをしまおうか・・・・。

そう思った刹那・・・

「バフッ!!!ガガガッ!!」と音と共に突然ジブセイルが勝手にフル展開しました!風をはらんで一気に船が暴れます!!

しかしどうして?何もやってないのに??ファーリングシートもちゃんと固定されている。なんで??????そう思いつつ、ファーリングロープを引っ張り巻き取ろうとしたらピクリとも動かないではないですか。ゾゾゾッ、、、としました。かなりの恐怖です。

何が理由かはわからないが、こういう時はテンションを完全に抜いたほうがいいだろうと思い、一度ジブシートとファーリングシートをリリースしてみました。その上で再びファーリングシートを巻き取ると・・・すんなり巻けます! 急いで、かつ慎重にファーリングシート引き、ジブを全部巻き取りました。

もう心臓バックバク。。。。と思うと頭からザッブーン。

ぱんつの中までぐっしょぐしょ。。。。

しかし一体何で勝手に展開してしまったんだろう??????

おそらく・・・ドラムの中のファーリングシートがテンション掛からずに巻き取られた状態で2ポン固定されていたのではないかと思われます。そしてジブに強い風圧が掛かり、ゆるく巻き取られたシートを無理やり圧縮するように回転してジブが出てしまったのではないかと・・・・。(そうとしか考えられない)。

普段使い終わった時にはある程度ジブシートを引っ張りながらファーラーに巻き取っていたつもりですが甘かったのでしょう。

だが、そうだとしたら今後どうしたらいいのか。。。。。です。こういうときは一度全部ジブを出して、その上で風圧利用しつつ再ファーリングすればいいのかな・・・・。ファーラーをリーフすること自体がメーカーの使用想定を超えた使い方だから正しい方法などは無いと思いますが、、、ファーラー使っている方の多くはジブもリーフして使いますよねぇ?????

実のところ、私のファーラー歴は凄く短く、いまいちファーラーのコツが判ってません。なので、何となくトラブルが起きそうでファーラー使うのが結構不安だったりしてます。。。

その後、結局ジブだけで遊んで早々と退散しました。

ということで、また新たな勉強と宿題が出ました。毎回毎回新しいお勉強出来て楽しいです。(半分本心、半分負け惜しみ。笑)

その後は来週の定期発表会に向けて、キャビンの中で楽器練習猛特訓。久しぶりにイヤという程にフルートを吹きまくりました。

ps 今日は写真ありません。そんなもん撮ってる余裕は無かったです。はい。

« 初夏の陽気に誘われて | トップページ | NMEA2000 覚書 »

ヨット」カテゴリの記事

コメント

「習うより慣れろ。」 と、僕自身のヨットに対する考えです。 
良い経験をしているじゃないですか~ 

でもね、30ft でシングルハンドは、辛いよ。
良くやっている、感心感心。 

磯谷さん、こんにちは~。

習うより慣れろ。。。 

確かにそうかもしれませんね。

勿論、基本的な「やっちゃならねぇ」危険な事は、
「冷酒と監事の小言は後になるほど効いて来る」ってなもんで
本を読むなり先輩に聞くなりして教わり守る必要あると思いますが、
(これ、、、草加では言いませんか??うちのLOMの方言でしょうか。笑)
セイルや各種艤装品は走ってみないと判んないことだらけですね~。


あとは頑張ってなんとか今の艇を自分のコントロール下に置きたいですcoldsweats01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/35244390

この記事へのトラックバック一覧です: 夏だ。シャワーが気持ち良い!:

« 初夏の陽気に誘われて | トップページ | NMEA2000 覚書 »