2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お友達のヨットがエメラルドグリーンの海に・・・ | トップページ | てめぇの馬鹿さ加減には父ちゃん情けなくて涙でてくらぁ! »

2010年9月14日 (火)

夏の日は儚く・・・

Akidsc_2066

まもなく夏が終わりますね・・・・・

夕日に秋の空気を感じ始めると、なんとも感傷的な心持となります・・・・。

って、詩人になっちゃうのも秋パワーでしょうか。

さて、この夏、色々ありました。余りに色々ありすぎて疲れるほど・・・・。

家族の中では1名が生死の境を彷徨ったかと思うと奇跡的な復活を遂げ、介護つきの施設に入りました。なんと家族から2名も要介護者が居る状況だったりします。

そんな状況を見ていると、「明日生きている保障なんて何処にも無い。これは皆平等に」と心から思うようになり、、、、私は私で時間作っては海に出ちゃってます。ははは、親不孝者。。。

そうこうしていると・・・・・これはブログで書くことではないと思うので端折りますが・・・・かといって書かないと今後のブログが成立しないので要点だけを書きますが・・・・・ヨットの存亡に関わることが発生しました。ちょっとばかり係留場所を移動する必要が出てきたのです。 この件、「突然」という訳ではなく、引越し先との折衝は10年も前からの話でした。 

ただ、移動するために暫くの間、帆船を入れられない場所なのです・・・。この暫くが数ヶ月か1年か・・?ちょっと判断がつきかねる状態。まだ決定はしていませんが、もしかするとAdagioを嫁に出すか、もしくは少しでも安い保管場所に眠らせておくか・・・・・・・でもどんな所でもショバ代は掛かるので長期は無理っぽいんですねぇ・・・。なんせ引越し先の係留場所には風で走らない船が舫われています。 両者を同時維持は・・・・ちょっとね。(奥歯にモノが挟まったような表現ですみません)

取敢えず、昨日現在で新天地にお世話になることに決定いたしました。

あとはAdagio号の行く末如何に?というのが最大の問題点です。

高級マリーナにアラよっ!と、係留費捻出できる身分ならこんな苦労は無いんですが・・・生活の知恵絞らないとやってられまへんです。

« お友達のヨットがエメラルドグリーンの海に・・・ | トップページ | てめぇの馬鹿さ加減には父ちゃん情けなくて涙でてくらぁ! »

ヨット」カテゴリの記事

コメント

むむむ

 切実な感がありますね。
 私は高いマリーナに2年お世話になりました。

 ただ、支払う費用に対する、サービスが伴ってない気がして
 なりませんでした。

 いまは漁港の片隅にお世話になっています。マリーナに世話に
 なっていたときに感じたのは、「来年もこの金額・・・払えるのだろうか?」
 という、不安でした。

 きっとよい風が吹きますよ。きっと

   新高丸   http://www.e-mas.co.jp/ais/

新高丸さん、こんにちは。
ありがとうございます。

おっしゃること、、、すべて「まったくそのとおり!!!!!!!!」という感じです
「来年もこの金額・・・払えるのだろうか???」・・・そう、そう!!!そういう恐怖いつも感じてます。

ほんと、ヨット自体は単純明快な作りで一度きちんと整備しておけば、そうお金の掛からない乗り物ですが、ショバ代だけは何とも辛いですよね。


お姉たまにチ○ポもてあそばれただけなのに!!
そんで諭吉さん7枚も貰えるとかwwww

仕事クビになってニートしてたけど、これでお金に困ることナッシングwww
ていうか前より給料多くなってる件!!(*゚∀゚)=3
http://tiki.pupipo.net/axrngc1/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/36730094

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の日は儚く・・・:

« お友達のヨットがエメラルドグリーンの海に・・・ | トップページ | てめぇの馬鹿さ加減には父ちゃん情けなくて涙でてくらぁ! »