2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

常識の違い・・・

やっと、ようやく、ヨットに戻れる資格を得られました・・・。とは言っても予想よりも早く入れ替え許可が出たので、「予想もせずこんなにすぐに」という修飾語が正しいのですが・・・気持はもう限界です。はやくヨットに戻りたい・・・。

が、、、ヨットにしてもボートにしても、船って売るのが一仕事なんですよね。ホント立派に「しごと」と言えるほどの労力が必要。

で、、、興味を持ってくださったお客様が船を見に来てくれました。
この方は40代のお医者様。お忙しい中時間を割いて来てくださいました。

が・・・・常識の違いに驚いています。

勿論、社会一般の常識はお客様の方が正しいのです。変なのは私の常識の方。
ボートやヨットの世界の常識は世間の非常識という程に特殊な世界ですので・・・・。

このお客様、ボートに興味を持たれているのですが、まだ免許すら持っていないのです。
なので、普通に個人売買という訳にはいきません。

そこで、出来る限りの誠意をもって事にあたりました。買ってもらった後も海の上でのお付き合いもありますので、売りっぱなしとはいきません。
そこで・・・

一つ、、船購入からマリンライフまで、一通り判るように「手引書」をお作りした。

一つ、、個人売買だけど、売却直後、短い期間だけど50万円までの修理代保証をつけてるお約束をした。

一つ、、免許取得し、ひとりで問題無く動かせるようになるまで、当面(1年ぐらい?)無償にてクルーになり同乗するお約束をした。

一つ、、クルーとなれば通常メンテは私がやることになるだろう。なので、軽整備や係留管理の無料サポートつきという条件。

一つ、、定期メンテナンスも信用できる業者の手配をするお約束をした。

一つ、、購入後、マリンクラブへのご入会のお世話をお約束した。

一つ、、名義変更は私が無償代行するご提案を差し上げた。

一つ、、マリーナ契約も本人の面談以外は全部私がやるご提案を差し上げた。

一つ、、廻航も無料でやるご提案を差し上げた。

一つ、、売却代金の半金だけ現金で。残りは分割というご提案を・・・・

以上のお約束をして、金額は一般販売相場の半額近い設定です。ボート仲間からは「個人売買の範疇超えてる。そんなにしてまでこの人に売る必要あるの?」と言われる始末・・・。確かに自分でもそう思うんだけど、このお客さんを紹介してくれた人は私生活でお世話になってる人なので成り行きでこんな感じに・・・・・。また、後々嫌な思いもしたくないし。

もっとも今回の売却にあたり、正直期限があって少し(かなり?)売り急いでるのも事実ですが。

このお客様にも私が急いでいる事情を隠さず説明し、こういう理由なので遅くとも今月末までにお返事を・・・とお願いしています。

だが、今月もあと4日で終わろうとしていますが、未だに悩み中のようです。ボート買うのにさまざまな不安があるだろうし、右も左も判らん世界だから悩むのも当然。私のことを胡散臭いブローカーと見られているのかもしれない・・・。
でも、船の世界でいうと、上記の条件は「ありえない」と思う内容だと思います・・・。しかしながら、御客様の目から見ると「買うんだからそんなの当然」とも捉えている節が見られます・・・。

つくづく、海の常識は世間の非常識なんだなと、改めて感じました・・・・。いや、勿論、海の常識が悪いとかじゃないですよ。海は全てが自己責任というのが本道ですよね。船を買うのも自己責任。だから買った後は手前の責任で何とかしろというのが海の常識。 厳しい常識ですが、それがまた楽しく・・・。

ps今月中に決めてくれなかったら、他にも声を掛けて早いところ売却してしまう予定です・・・。

2011年2月 3日 (木)

痛恨!!!!!!!!!!

いやー、危なかった。ほんと、死ぬところでした。

本日、事実上「はじめての本格的な」船の掃除を行いました。
どうも億劫になってしまって、入手してから5ヶ月目にして初めて・・です。気の長い話です。

汚れた水は上から落ちる訳ですので、まずフライブリッジから清掃を開始。

しかし手が届かない所がたくさんあります。
そこでフライブリッジの「オデコ」に上りました。

長靴はいて、フライブリッジのおでこにあるサーチライトの辺りにて清掃開始。
水を掛けたら滑るだろうな・・・・と思いつつ、足場を確かめると、ゴム長靴の底はかなりのグリップ力があります。これなら大丈夫!

そう思って、先日購入したばかりの「FRPさび取り洗剤」を片手にスポンジで塗りつけていました。

すると、突然、無重力状態に!

「あっ!スベルッ!」という感触は一切感じず、視界が突然平行移動するような不思議な感覚でした。

次の瞬間、ハルの角にモロに体を打ちつけられ激痛が走り、更に体はバウ先端近くまで加速しながら滑って行きました。

そしてラブレールにガツンと体当たりし、そのまま海へ投げ出されそうになりました。

が、間一髪、ラブレールに懸垂するような形で踏みとどまり、辛うじて2月の海に落水を避けることが出来ました。

一連の結果、考えてみたら至極当然なこと・・・・。滑るべくして滑った自分がバカでした。。。

しかも、掃除前にふと感じたんですよね。

「いつか海に落ちるだろうな。マリーナと違って全く助ける人は居ないから、岸壁歩くときでもライジャケ必要かもな・・・・・」

と。。。。でも、航行中は当然ですが、なかなか岸壁でもライジャケ着用ってのは面倒で実行してませんでした。だが、何となく嫌な予感がして、掃除前にライジャケ着用しておいたのです。(ということは、落ちる予感があった訳で、それを回避出来なかったバカ船長の見本みたいなもんですね・・・反省)

だが、今回、滑って強打してみて思いました。あれで海に落ちたら、たとえライジャケ着ていても船に再び上がれるのだろうか????ほんと息がつまるほどの痛みで暫く動けなかったですから・・・・。

停泊中でも怖いですね。これから改めて気をつけるようにします。。。

そうそう・・・・FRPさび取り洗剤の威力ですが、おでこの真ん中だけに効果を発揮しましたが、残りは海にドボンです。。。実のところ、これが一番痛い!!!!!!!!

そういえば、昔、友人がYマリーナで私と同じようにFBによじ登って掃除して、滑って落水し、救急車で運ばれたことがありました・・・・彼をからかうことがもう出来ません。。。

Wp1000968q
あ、これupwardrightが救急車に乗った彼です。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »