2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夜のヨット | トップページ | バフ掛け化粧直し »

2011年4月 4日 (月)

相棒と初ミーティング

今日はマリーナにて初めて相棒とフネで待ち合わせの日。

地震の余波の中、罪悪感を感じつつも・・・明るく行かなきゃ気分も沈む。気分が沈めば経済も停滞する。風が吹けばナンとやらということで。

さて・・・・・・・・・Myヨットにて初の正式クルーとして参加頂いた訳ですが・・・・いやぁ・・・いいもんですねぇ。spa

一人でやっている時もそれはそれで楽しかった。いや、一人でフネでまったりしているのも大好き。

でも、一つのフネを一緒に維持していこう・・・一緒に航海していこう・・・という人と行動すると、なんと安心感があることか。これは想像以上でした。

昨日は延々離岸着岸練習を一緒にしたんですが、ゲストじゃないデッキハンドが1名いるだけで、なんと操船が楽なことか! と、驚きました。happy02

夕刻、Myバースに着岸し、キャビンでホッと一息つくときに、同じ目線で「おつかれっ!!!」と言える人がいるのが、なんと有り難い事か!confident とも感じました。

例えて言うならば、友人とはまた違う・・・・そう・・・彼女とか家内の存在に似ている感じでしょうか。heart04

今までフネの艤装は全て「スキッパー一人で扱える為に」施してきた気がします。例えばレーダーしかり、オーパイしかり、スタックパック&ラフカーしかり。 特にレーダーに至っては「世界一周でもするの?」とからかわれる事しばしばでした。でも自分としては、ジブセイルの影にいるフネのワッチとかどうするの????と不思議でした。。。(注:旧Adagioはセンターコクピットで目線が高く、ハイカットジブですら前方が全く見えない) でも、2つの目が4つに増えただけで、そのような艤装は特別必要とも思えなくなるのですね。からかっていた人の「立ち位置」が全く違っていて話が噛み合わなかったんだと、今になって気がついた気がします。 でも、日曜祭日は出勤が多いのが現実なので、、、平日オフ日に一人で乗れるよう、今までどおり一人で完結できる艤装に拘る予定ですけど。happy01

« 夜のヨット | トップページ | バフ掛け化粧直し »

ヨット」カテゴリの記事

コメント

同乗者がいるのは、海が荒れた時、本当に心強いし、着岸時も安心出来る、特にトイレに行くときにも、
私も、イジリ倒しの方です、特に係留してる、マリーナでは、自分で修理出来ることは、自分でしなさい・・
道具は貸してあげる、方法も教えてあげる、出航すれば、自分で直さないと、帰港出来ないのだからの主義で、修理を頼むと、高く取る人です。相当イジリました。
GPS・レーダー・前方ソナー・イーパブ・ライフラフトこれでもかと言うぐらい、取り付けました。
出航すれば、自己責任ですので、ソナーは、ボートの時、座礁してから、海の底が見えないのが、恐怖で
一人で乗るとき、連絡は携帯でOKですが、その余裕が有れば、多分無いので、イーパブも登録してつけました。しかしJRCも不親切、この上ない、
私の桟橋は、電気・水使い放題、ホースで継いで、電気も単相200Vを引き込んでいます。
出航すれば、発電機、これもホンダEU16iを改造して、エンジンルーム入れて、ダクトで排熱・排気してます。
改造費用は、5kwオナンを買えるぐらい、かかりましたが、船内は100V仕様です。
バッテリーはエンジン始動・航海灯ぐらいで、後は100Vから直流を作って使っています。
では、また、書き込みします。

k・sさん、こんにちは。happy01

さてさて、、、いや~~~いいですね。自分もかくありたい!と思ってます。なかなかそうは上手く行きませんが、気持ちだけでもそうありたいです。

前方ソナー、イーパブ、ライフラフト・・・どれも欲しいものばかりです。
特に前方ソナーは興味あります。ウエストマリンあたりで10万円弱で購入出来るようですが、トランデューサーの取り付けがどうなるのか??その情報がいまいち判らずにいました。 トランデューサーが小型で船底に生やしても抵抗として考えなくて良いならばやってみたいです。  ちなみに、前方ソナーの見え方は如何でしたか???

船内の100v化・・・・16iの防音ボックスなどなど、自分も相当ラフスケッチ書きました。笑。 全部実行されているとは恐れ入りました。

宜しければ今後是非ノウハウを伝授頂けますと幸いです。

ちなみに現在、スタンションのオープンゲート改造・ドジャー・ビミニトップ・レーダーアーチが欲しく・・・・全部業者に作らせると相当な金額になります故、全て25mmSUSパイプで作成する前提として、オークションで見ることの出来る比較的安価な油圧パイプベンダーと、100/200V兼用TIG溶接機を買ってしまおうか???と悩んでいます。 こう書くとTIG出来るんだ・・・と思われてしまいそうですが、アーク溶接すらやったことはありません。でも人間の使う道具ですので、ちょっと鉄くず?を量産すれば、ある程度は使えるようになるんじゃないかな??と期待しつつです。 どうしても見栄えが必要な箇所と、深い溶け込みが必要な場所は、点づけ溶接をして形を作り、本溶接は鉄工所に持ち込んでやってもらってもいいかな?とも。これなら100V用TIGでも、25mmパイプ程度なら実用になるでしょうから・・・。
ただ問題は工具の保管場所ですネ。これ以上、ヲタクな工具の住処が無いのが悩みのタネです。TIGとなるとガスボンベまで必要ですし。。   山の中の農作業小屋でいいから工場(こうば)が持てたらなぁとつくづく思います。

トランデューサーの件ですが、私のはボートで使用していたので、トランサムに取付タイプです、スルハルタイプに買い替えようか迷いましたが、ちょっと不安が有りましたので、スルハルを通してホースをデッキまで上げて、ケーブルを船底へ出して、取付、その廻りを、FRPで固めました、スルハルを通したのは、流木に当たったりしたときの為、
感度は、少し落ちますが、海底の様子が解ります。知らない港の岸壁に、横抱きつけるとき、岸壁下の傾斜が解って、便利です。
発電機は、16iの見る影も有りません。写真送りますが、
ビミニトップは、柱36外は25で作りました、屋根に、レーダー・サーチライトを取付天井に、機器BOXを取付、
ラット持ちが、全部見れるようにしてます。しかしGPSのみコンパニオンにサブモニターでも、見れるようにしてます、
一人で乗るときは、舵はリモコンで操作し、シート類の調整のため、ラットの前に、ほとんどいてます。
では、更新を楽しみにしてます。

いやーー、凄いですね。
私がやりたかったこと、憧れていたことをそのまま全て実践されている感じです。happy01

あかんです。本気で溶接機欲しくなってきました。笑。

でもビミニはウエストマリンから買っちゃいそうです。相当に大きなサイズでも5万程度で買えちゃうんだからアチラの国は羨ましい限りです・・。

ども、そうなんですョ。
僕自身も、横浜時代、シングルハンドが多かったので、出航~入港まで、どれだけ気を張っていたか!
船橋(FBP)に行き、好いクルー達に囲まれて・・・今では、洋上で泥酔しても、キチンとヨットがハーバー
に戻っています。ありがたいやら、自分が情けないやら・・・でも、ホント ありがたいです。

どもども磯谷さんこんにちは。

オーパイを越えた「全自動操縦」ですね、まさに。
安心して呑んで眠ってボクシング?できますね。笑。happy01

YBMはシングルでの着岸は結構気を使いますよね。
北東~東風が強烈な時はバースの中でも波が立ちますものね。
南風が強い時はセンターとウエストの間の水路の間でエンストしたら
どうしよう・・・と不安になったり。(Dバースの豪華絢爛艇が槍の様に待ち構えているので、流されて串刺しになったら人生終わるかもと思うと。爆)

以前はイーストの中ほどに留めていたので、外の風の影響を相当受けました。
それもあって、今回はセンターの中程を確保しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/39483126

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒と初ミーティング:

« 夜のヨット | トップページ | バフ掛け化粧直し »