2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 廻航 その2 | トップページ | 格安ビミニトップは如何?? »

2011年7月 1日 (金)

ファーラーの不具合・・・解消・・・か?

先日、悩んでいたファーラーの不具合ですが、問題点が色々浮上しました。

一つに、ジブハリのテンションや、ファーラーがたわむような力を掛けるとベアリングが渋くなるのが最大の悩みでした。

ハーケンに聞いてみると、もしベアリングがダメならばAssy交換するしかないとのこと。そしてその部品が本国にもあるかどうか???との回答でした。

ハーケンの現行商品は「ハーケンジブファーラーMk4」という名称で、私のは2世代前のMk2なんですね・・・・。

そこで、まずはMk2のパーツリストや取扱説明書が無いか、ネットで検索してみましたが・・・残念ながら取扱説明書は見当たりませんでした。

ですが、Mk2とMk3のパーツリストはpdfですぐに発見。

そこで細かく見たところ、MK2と3の違いはドラムの材質と取り付け方だけが違い、その他の部品はすべて同一なのが判明。よって、Mk3の取扱説明書がほぼそのまま使える事が判りました。

ただ、勿論の事ですが英語マニュアルです・・・。ヤフーの自動翻訳ソフトで翻訳しながら解読・・・・。そこで判った重要なことを備忘録にて列記します

  • ジブハリヤードは緩んではならないが強過ぎてもダメ。ラフに縦じわが入るほど引くのは引きすぎ。引き過ぎるとファーラーが上手く回転しなくなる恐れがある
  • ファーリングする際、手の力で巻きこめる筈である。もしウインチが必要だったりする場合は、重大なトラブルが内在している可能性が高いのでチェックすること。でも、強風の際など、ウインチを使うと楽なのも事実なので、トラブルが無いと確信出来る場合にはウインチの使用は良いだろう。
  • 一般的にはファーラーはリーフすべきでない。性能は落ちるし、ファーラーシステムも故障する可能性もある為・・・・と、一般的には言われているが、ハーケンの説明書にはリーフする際の事が書いてあり、それを止めるようには書いてなかった。(どちらかというとリーフ出来るんだぜ!のようなニュアンスなんじゃないか?とも思った) ただし、リーフする際は、ファーラードラム外周に小さな穴があいており、そこにシャックルなどを突っ込み、物理的にドラムの回転が出来ない様にするべき・・・と記載されていた。
  • ファーリングが重い際、ベアリングの清掃を・・・と書いてあった。清掃方法は「少なくと年に一度、洗剤と清水にてベアリング部分を洗え。その後にドライスプレーを噴霧せよ」と書いてあった。ベアリングは分解する必要はなく外部から水をホースで圧を掛けて洗えば良いようだ。また、ドライスプレーは「たとえば、マックルーブなど」と書いてある。但し、ハーケンジャパンに問い合わせたところ、稀にマックルーブが樹脂の表面を弱くする可能性が判ったので、現在は「ワンドロップ」という潤滑剤を薦めているとのこと。マックルーブ・ワンドロップともにハーケン純正として販売してる。
  • ファーリングする手順は次の通りになっていた。1)ジブハリが緩くなく、きつくない程度に調整されてるか確認 2)セイルから風を抜く  3)ジブシートをフリーにする。 但し、余りに弱風の場合はたるまない程度にテンションかける  4)必ず手でファーリングする。但し、重い原因が明確に判っている(システムが正常なのが明確)ならばウインチの使用も可とする。

以上、英語大嫌い人間が翻訳したので合っている保証は全くありませんbleah

さて、以上のことにより、まず注油してみました。ハーケンMk2、Mk3の注油は次の通りです。

Dsc_4883
写真の通り5本のネジを外します。その後、この部分を上に引っ張り上げます。(この部品はトルクチューブという名前らしいです) すると、トルクチューブ内部にフォアステイが見え、その周りに樹脂製ボールベアリングが見えるので、ここを洗剤と清水で洗い、その後にワンドロップを滴下います。

写真は撮っていませんが、ジブのピークを引っ張り上げるベアリングブロックも同様に清掃と注油をします。こちらは外部からベアリングが見えてるので分解の必要はないです。

この作業を行ったら、別モノのように軽くなりました。

ですが、やるならこの際徹底的にやっておきたかったので、ヨットマン磯谷さんを始め、皆さまにご指摘頂きましたジブシートのリードを変更しました。

Dsc_4885
パルピット前部にブロックを装着。しかし、このまま後ろに引っ張るとブロックのシーブに当たらずブロック枠に当たってしまう事が判明・・・そこで、一度引っ張り上げて下ろす・・・というジグザグに変更。

これが大正解で、今までとは全く別物の操作感覚に変化しました。何度ファーリングしてもドラムの中で絡んだり団子になったりしません。。。。

後は超強風の時と、数か月経過して注油の効果があやしくなった頃にどうなるか?ですね。

とりあえず、夏本番を前に心配のタネを一つ潰せてホッとしました。

« 廻航 その2 | トップページ | 格安ビミニトップは如何?? »

DIYと整備」カテゴリの記事

コメント

私のファーラーには、グリスニップルが付いていますので、ベアリンググリスを、グリスガンで押し込みました、
隙間から、古いグリスとゴミが大量に出てきました、2年毎に入れてます、トップはCクリップをとり、ベアリングを露出させて、薄くグリスを擦り込んで、おしまいです。最初、固着していましたので、ダメと思いましたが、
浜寺ボートに、同型が有りましたので、じっくり観察、グリスニップルを発見し、注入しました、
ファーラーの下に、キッチンペーパーを敷き込んで置かないと、グリスだらけになりますので、注意です。
今週は、小型テンダーを購入され、みんなで、披露会と試乗会らしいです。
私も参加します、まだまだ安全面で、未完成です、予備タンク、ペラ、プラグ、パドルもし何かあった時のために、港内でうろうろ位なら、何とかなる、

こんにちは、どうやら、問題解消されたようですね!
良かった、良かった!
当方、天気と にらめっこの週末です。 今、草加市は、どんどん暗くなって・・・
多分、これから 雷雨になるでしょう~ 明日、船底塗装の為、浦安へ行って来ます!
天気ばかりは、どうにもならないね・・・

K.Sさん、こんにちは。
何処で見たかは覚えていないのですが・・・ハーケンなどの樹脂製ボールベアリングvs金属ベアリングの長所短所が載っている物を以前目にしたことがあります。
ハーケンなどは基本ノーメンテで錆びず、非常に軽い・・・がウリな訳ですが、実際には海水が入り塩が析出し、その析出物がベアリングの溝を傷めると書いてありました。一方、金属ベアリングはメンテ不足だと錆びますが、きちんとグリスアップを忘れなければ元来の強度は非常に高いので高ロードにも耐える。またグリスアップによって潮が入らないので樹脂製ボールベアリングのように溝やボールが削れることが無いし、もし錆びたとしてもベアリング打ちかえればOK・・・・とのこと。ただしグリスの重さでハーケンに比べると若干重いのは仕方が無いが、強度の問題から外洋長期使用などはこちらがオススメ・・・・と書いてありました。
 肝心のグリスアップできるファーラーってどのメーカーかは書いてなかったので残念だった記憶があるんですが・・・・KSさんのはグリスアップできるんですね。
ちなみに・・・どちらのメーカーで??

磯谷さん、こんにちは。
お陰さまで前回までの重さがウソのようです。清掃+グリスアップ+シートの角度と一つづつ順番に試してみたんですが、その度に軽くなっていきました(^^♪

ところで雷凄そうですね。ケータイの「東京アメッシュ」という首都圏雨雲レーダーサイトを見たら、東京北東部、埼玉地方は真っ赤のエコーになってました。。。。 お気をつけて。。。thunder

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/40620801

この記事へのトラックバック一覧です: ファーラーの不具合・・・解消・・・か?:

« 廻航 その2 | トップページ | 格安ビミニトップは如何?? »