2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 喫水が・・・・ | トップページ | 2012ボートショー開幕 »

2012年2月24日 (金)

シュラウドベアリング?の製作

タッキング時にジブシートがシュラウドに絡むのを軽減させる為に「ソフトシャックル付きジブシート」なるものを先日入手しました。
無風の桟橋の上でテストしてみると、かなり軽減されるものの、やはり引っかかる。

舫い結び式だと100%に近く引っかかるが
ソフトシャックルは3回に1回(33%)という感じ。

ある程度の風がある帆走中なら劇的に改善されそうです。

が、、、個人的にはまだ不満だったり・・・・・・。

そこで、シュラウドにベアリング代わりのカバーをかけてみることに

P1010340
黒いところには既にワイヤー保護カバーが掛かっていて、ある程度クルクル回るのですが、ジブシート絡み防止用には直径が足りない。
そこで見てくれは悪いけど水道管VPパイプ(紺色)を入れてみることに。
だが、チェーンプレートの部分が抵抗になって上手く回らないことが判明。

そこで
Ikei2
異径ソケットなるものをチェーンプレート側に被せ、その上にパイプが来るようにしてみたところ、見た目もそう悪くなく、クルクル度合い(どんな度合い??)も抜群でした!good

完成写真は・・・撮影し忘れで後日・・sweat01

無風の桟橋で試してみたところ、ジブのクリューが引っかっても、ちょっと力入れるとパイプが回ってクリアできます。これはかなりGOODです!
シュラウド一本単価300円掛からずにこれだけの性能だと嬉しくなりますね。笑。

« 喫水が・・・・ | トップページ | 2012ボートショー開幕 »

DIYと整備」カテゴリの記事

コメント

なかなか、良いアイデア!
僕も試してみるね~ アイデア頂きます。

磯谷さん、こんにちはhappy01

かなりよさげな感じですよ~。気に入らなかったら捨てればいいという感じの製作費ですし
お勧めです~good
キモ?は、チェーンプレート部の最大径を計測し、それが入る異径ソケットを用意することかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/44244111

この記事へのトラックバック一覧です: シュラウドベアリング?の製作:

« 喫水が・・・・ | トップページ | 2012ボートショー開幕 »