2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オーパイ設置 その1 | トップページ | オーパイ設置 ~その3~ »

2012年6月25日 (月)

オーパイ設置 その2

アクチュエーター取り付け準備に入ります・・・

取り付けに際し、かなり正確なリンケージが必要とされそうです。ラジコンのサーボのリンケージと全く一緒なのですが、アクチュエーターの円運動をプッシュロッドの前後運動に変更するため、舵のニュートラルとアクチュエーターのニュートラルが正確に合っていないと左右で癖が出ますし、下手すると何処かに干渉することもありえます。

この辺の詳細な寸法はアクチュエーター取扱説明書に載ってました。
その数値に基づき、まずはアクチュエーターの模型を作って大まかな設置場所を決めてみました。(3ヶ月ほど前にこの作業は終了)

そして凡そのアクチュエーター設置場所が判りましたので、その場所にアクチュエーター設置用の台を作成しました。

Dsc_0023
微妙にゆがんだ板ですが、これはデッキ裏のデコボコを型紙に写し取り、可能なかぎりそれに沿うように合板をジグゾーで切り出した為。よっぱらっている訳では(たぶん)ありません。sweat01

材質は極普通のベニア板。湿気でダメになるのが予想されるので、まずは防水を・・・。

Dsc_0024
過剰かな?とも感じたけど、念を入れて2プライほどガラスクロスで巻いておきました。

Dsc_0025
樹脂を用意してペタペタと積層・・・・・(以後はベタベタ作業につき写真なし)

P1030310
そして完成したものを嵌め込んでみると・・・自分にしては珍しくドンピシャサイズ。happy01 毎度こうだと気持ちいいんですが。。
サイズはOKだったので固定します。FRP表面をサンディングしてパラフィンを飛ばし、ハルと板の間にエポキシパテを詰めて隙間を塞ぎました。エポキシが硬化後、この上からFRPを積層するので、なるべく緩いRになるようにパテを整形・・・・。

このままだと落ちてくるので、家庭用の「ツッパリ棒」で支え硬化を待ちました。

つづく・・・・・。

« オーパイ設置 その1 | トップページ | オーパイ設置 ~その3~ »

DIYと整備」カテゴリの記事

オーパイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/45865840

この記事へのトラックバック一覧です: オーパイ設置 その2:

« オーパイ設置 その1 | トップページ | オーパイ設置 ~その3~ »