2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オーパイ装着  ~その11~ | トップページ | まったり航行 »

2012年8月20日 (月)

往復70マイル デイクルーズ

まとまった夏休みがとれず・・・・・・
でも夏した~~~い。

というわけで日曜日を利用して東京湾マリーナ~保田漁港への日帰り70マイルクルーズを敢行。

参加者は自分を入れて6名。

江戸の帽子屋もんちゃんこと?Nさん。
錦糸町のオヤブンことIさん。
ハイテクコンビニ取締役のKiさん。
ハイテクコンビニ店長のYさん。
ヤクザ医師のHさん。
and
迷走Adagio船長の私。
え?toiletの赤い方は・・・・♂ばかりですが、なにか?

さて、本日の参加者のうちNさんはヨット初体験。とは言ってもデカイモータークルーザー持っていたツワモノです。つい最近までは40ktに届きそうな快速アメリカンフィッシャーマンに乗ってらしたので・・・その1/10の速度しか出ないヨットがどう映るか???というのも楽しみの一つ。また、自分を含め殆どの方は近隣のデイクルーズしかされたことが無いメンバーです。どうなることか???

さて、往復70マイルのデイクルーズなので、兎に角時間が無い。

その為午前2時半に集合という早朝出発。って、早朝というより夜デスネ・・・。

天気予報は晴れ。南の風1m~5m程度という穏やかな状況になりそう。

深夜3時、出航。

2名はバウワッチお願いし、機走で目的地へ一直線。
P1030757 海に出ると予想どおり風が無い。しかも真正面からの風。

しかたなくエンジンでズンズン進むことに。

P8190319
そうこうしていると東の空が白み始め、美しい朝日が。
西側には朝日に輝く東京新名物「東京湾ゲートブリッジ」が。その真ん中に「東京スカイツリー」のコラボが。
P8190323
東京湾中央部の「風の塔」を目指して進んで行きます。

P8190328
非常に穏やかな海況です。朝飯時には丁度よい。
私はキャビンに潜り厨房長に。
成るべく火を使わないような献立として・・・・
  えんどうマメの冷製スープ
  アメリカンビーフの炙り
  グリーンサラダ・シーザードレッシング和え
  2種のチーズ
  こだわりの味つき半熟卵
を用意。
・・・・ほぼ全てセブンイレブンで揃いましたが・・・何か?
P1030760 思い返すと5年ほど前、先輩船長のヨットに初めて乗せてもらったとき、航行中に食事を「用意できること」自体に驚きました。だって揺れる船内ですから。。。その中で煮る焼くを行え、そして普通に食事出来る事に感動しました。
ということで今日はヨット初体験者もいることですので朝飯ぐらいはと思いちょっとだけ頑張ってみました。。(次はカップラーメンですので落胆しないように。え、カップ麺の方が旨そうって??sweat02

道中も半分すぎ、いよいよ外洋へ。前に見えるは観音崎。

P1030766
天気は上々、されど風弱し。海面もベタベタなのでメインキャビン天井のハッチを開け換気しながら進んでいたら・・・・・

P1030767 油断した!タンカーの引き波につっこみ、デッキまで波が登ってきて見事ハッチから滝が。。。。あっちゃあ、後片付けが大変なことになってしまいました。
凪ぎの日でも航行中は閉めとかなきゃダメですねぇ。

P8190331
太陽も高くなってきて暑くなってきました。夏らしい入道雲が陸地の上に立ち昇っています。

P8190335 無事保田漁港へ到着。
入港手続きを終え、漁港直営の海鮮料理屋「ばんや」へ直行。

P8190337
ここはプレジャーを積極的に受け入れてくれ、飯も風呂も事欠かない貴重な場所。年々繁盛して、いつの間にか「第3ばんや」と三つ目のお店がオープンしてました。流行ってますな。 周りの漁港もやってくれると嬉しいのですが・・・・。

腹が太り満足して船に帰ると綺麗な海が・・・・・・・・・・・

と思ったら、素早くHさんがそのままダイブ!
ちょー気持ち良さそう。ってことで次々にみんなダイブ。

P1030788
P1030773
全国的にはこれは当たり前のことなのかも知れませんが・・・・住宅密集地近郊にヨットを維持すると、母港で海に飛び込むというのは病気になるかも?と躊躇してしまうわけで。
「暑くなったら当たり前のように飛び込む」ということが出来る環境というのは実に羨ましく感じる次第。。。。

P1030778
余り見ることの無い海面から自艇のお尻を眺める図・・・・・。海から見ると「こんなに迫力あったっけ?」と驚きます。また、トランサムステップが無いと絶対這い上がれないと再確認することに・・・・・。落水しても登れずに溺死ってことも十分有り得ますね。海面からラダーを降ろせる造作にしておかないと怖いと感じます。

P1030775
ついでに潜ってペラを確認。ペラを触ってみると「ペラクリン」の感触が十分に残ってます。3月に塗って8月でこれなら1年大丈夫かも・・・?でもシージェット034を塗ったシャフトブラケットは大分フジツボが育ってました。ここは要考慮ですなぁ。

さて、そんなことをやりつつ、すぐに出航時間がやってきました。
片道7時間弱掛かりましたので13時ぐらいには出航しないといけません。辛いところです。

帰りは完全追っ手の風。風速7ktぐらいしかありません。
セイル上げたのですが、3ktも出ません。このままじゃ今日中の到着も無理になってしまいます。

しかたなくまたエンジンスタート。gawk

ヨット初体験のNさん、すみません・・・「遅いモーターボート」体験になってしまいました。

さて朝3時に出航してますので帰りは眠くなってきます・・・・
強烈な西日を浴びると益々眠気が強くなります。
自分だけじゃなく、周りも同じくのようで、、、一人眠り、、、また一人眠り、、、、

そんな訳で

「がんばれ、おれ」
「まけるな、おれ」

とミンミンダハを飲みながら自分で自分を励ましつつ船を進めます。

P1030791
東京湾内に入る頃、日が傾いてきました。あれだけ暑かったのに一気に涼しくなっていきます。海ならではですね。
日が落ちてくると、人の生き血をすすう吸血鬼オヤジ共、一人、、また一人、、、、と起きてきます。smile

P8190343 西日を眺めハードボイルドの世界に入るNさん。一日で一番美しい時間帯ですよね。

みなさまが起きてきたところで、真っ暗になる前に夕食の準備をしに再び厨房長に。
スーパーに行ったら「超細麺パスタ」というのが売っていて、2分で茹で上がるとの事。こりゃ船には丁度良さそう・・・・
細麺なので氷で冷やし、冷製パスタソースをかけた「冷製パスタ」なんてどうかな?と思い用意をしてみました。

だが、厨房は大変なことに。
船の小さなシンクで熱々パスタを氷で冷やすのが一苦労。。。

でもまあ(わたしは)美味しかったのでいいや。笑。また作ろう。

簡単な夕食ですが洛陽見ながらというのは更に美味しさが増す気がします。

P8190342
この後は数時間真っ暗な中を航行。
でも今日は6人の目があるので普段の日中のシングルハンドよりも気が楽。私はレーダーワッチに専念し、残り5名の肉眼で各方面をワッチ。

そんなこんながありながら、凡そ6時間半でマリーナに到着。

楽しい一日でした。皆様お世話になりました。Nさん、今度風のある時に是非またお越しくださいね~。

« オーパイ装着  ~その11~ | トップページ | まったり航行 »

ヨット」カテゴリの記事

コメント

長時間お疲れ様でした。
保田あたりの海はほんとにきれいですね。泳ぎたくなる気持ちもよくわかります。
楽しい晩夏(←まだ早いか)のひと時だったようで何よりです。

移動中に食事作るのって船酔いしませんか?
わたしは2,3分でアウトになっていらいトライしてません。

また楽しい情報お願いします。

なお、最近の情報では猿島沖で海保が酒飲み操船をチェックしているとのことです。
どうやら高性能な望遠鏡で缶ビールの銘柄まで見えるとか。飲んでいると近づいてきますが、注意程度で済むらしくしょっ引かれることはないようですが・・・

Laputaさん、こんにちは、ありがとうございます。

厨房作業ですが・・・・正直苦手です。
ガスに火を入れたらお湯が沸くまではコンパニオンウエイから首を出して前を見てる・・・・
こんな感じで中断中断しながら頑張ってます。
最初から最後まで厨房作業は今の自分にはちょっと無理です。。。

ところで飲酒運転チェックの件、情報有難う御座います。
高性能双眼鏡で銘柄まで見えるとは驚きました。
十分注意します。。。。。
(公の場なので誤解の無い様に申し上げますが、船長職に付く時は呑みませんです。クルーでの乗船でも嗜み程度にしています。判断力はおろか、体も瞬発力が落ちるのを実感し怖いですので・・・・ねんのため。笑)

るみいさん、こんにちは
今回は、準備から、操船から、食事の世話まで
本当にありがとうございましたm(_ _)m
おかげさまで、念願だった観音崎越えも出来たし
今年の夏も充実した夏になりました
ろくな片づけもしないで、帰宅してしまい
誠に申し訳ありませんでした
しっかし、このロングで自艇では長距離無理と納得いたしました
今回に懲りず、また是非連れてってくださいませ~happy01
ありがとうございました。

WO・Kiさん、こんにちは。こちらこそいろいろお世話になりました。
すんごく楽しかったです。
最初、片道6~7時間・・・・と考えると、気の遠くなる時間って感じを受けましたが、行ってみると「7時間も経ってたの??」という感じでしたよね。
ヨットは時間の経過が普段の生活と別って感じがしました。

今度はWO号でも体験させてください~~~~。
またよろしくお願い致します。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/46762955

この記事へのトラックバック一覧です: 往復70マイル デイクルーズ:

« オーパイ装着  ~その11~ | トップページ | まったり航行 »