2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オートパイロット トラックモードの不具合の情報追加 | トップページ | お隣のフネのティラーカバーを修理 »

2013年4月20日 (土)

ミシン男子 誕生

家庭科経験ゼロ

ボタン付けしかしたことない

こんな中年男子がミシン男子デビューしました。

今まで漠然と「好きな形のカバーとかが作れれば楽しいだろうなぁ」と思い、何となくデパートのミシン売り場に目が行ったことはありますが、ミシンを見ても一体何が何なのかサッパリ想像すらも出来ないでいました。

しかし、今回破れそうな布関係が山のようにあり・・・・修理代考えるなら勉強代と思ってミシンに充てるか・・・・と思い・・・・・

Dsc02150

思い切ってミシンデビューしました。wink

しっかし、ミシンの本読んでも、ミシン関係のサイト見ても「暗号」のようです。何言ってんだか単語の意味すら理解出来ない。まるで外国語の本読んでいるよう・・・。

だが、調べると結構面白そうなのです。また、いつの間にか「ミシンそのもの」に興味が移っていきました。だって、メカの塊でワクワクするんですよ。

調べていくうちに多くの方が同じ事を言っているのに気がつきました

  • 最初は誰もが家庭用の一番小さいのを買うが、職業用ミシンが欲しくなる
  • ミシン業界は「闇」がある。ぼったくり業者が横行している
  • メーカーに家電のような修理サービスを期待するな。信頼できる店での対面販売が基本の業界だ

ということのようです。

教えを守り?その道のプロの出入りするショップに相談に行き、ショップの店長のミシンバカ(勿論良い意味で)に感動し、また信じられない低価格を提示され(全くの新製品が50?60?70%OFFという世界)、ミシンのミの字も知らないド素人が職業用ミシンを購入という、おバカなミシン男子が誕生しました。(どーなるんだろう)

しかし、この行動に嫁さんが呆れてました。「あんたバカじゃないの?」って顔してました・・・sweat01

呪い殺されそうで怖かったので罪滅ぼし?に、とりあえず子供の電子オルガンのカバーを作ってみました。って、山の神は「お布施(げんきん)」でしか除霊出来ないのは知ってるんですけどね・・・・まぁ気は心・・・・・。

Dsc02155

洋裁関係の人が見たら笑っちゃうような出来だと思うんだけど、生まれて初めてミシンに対面し、20分後にはコレが出来ていた事実を考えると・・・・ミシンって凄いものです。

ところで、初めて縫ってみて・・・・メチャクチャ面白いです!

ヨットをイジるのと全く同じ種類の面白さがありますね。物づくりに共通のワクワク感といいますか????各地に洋裁教室なるものが沢山存在し、ハマる人がいるのが判ります。しかし、女性はエンジンバラシとかに興味持たないですが、、、理由が判らんですね。全く同じ種類の楽しさと感じたんだけど・・・。

閑話休題

今回、ド素人が職業用ミシンに踏み切ったのは、「屋外テントなどに使用する太目の耐紫外線糸を使ってみたい」とミシン屋に相談したら目の前で実演してくれ、太目の工業針の使える職業用ミシンの優位性がド素人ミシン男子にも判ったからでした。

Dsc02148

こちらがサンブレラ用の工業糸。#20サイズ糸で推薦針は#19です。#19針は職業用はおろか、工業用ミシンじゃないと付かないサイズなので、職業用で装着可能な#18針で使ってみると問題なく(かどうか判らんですが)縫うこと出来ました。入手はサンブレラ通販で有名な木下資材さんから購入。

でも!!!!今にして思えば、家庭用ミシンで使えるジーンズなどの補修糸(何処でも売ってるポリエステル製の「シャッペスパン#30」とか)で良かったかもです。なぜなら、劣化したらまた直せばいいんですから。 ミシン未体験の時は「耐久性があって欲しい」と思ったけど、補強で縫うだけなら至極簡単なのだと体験してみて初めて気が付きました。でもそうは言っても破れて欲しくない場所にはこの糸だと安心感は高いですけどね。ま、知識と体験が広がった勉強代と考えれば安いもんとしましょう。それこそ携帯電話買うより安いですから>ミシン。

さて、その「補修だけなら至極簡単」の件ですが、、、ラットカバーの糸が紫外線でボロボロになってました。先のオルガンカバーの後にいよいよ本番ということで縫ってみました。

Dsc02146

白の点々はボロボロになったオリジナル糸。その横1mmぐらいのところを上の写真の糸で縫っていきます。 ど素人ですが、殆どミシンが勝手に仕事してくれる感じで、直径1mのラットの円周一周を1分程度で縫い終わっちゃいました。仕上がりの良さは正直自分には知識がなく判断つかないけど、全然綺麗じゃん、、と個人的には感じました。

しかしそれにしても面白いです>ミシン

それに加え、メカとして美しい>ミシン

Dsc02151

これを見てるだけでご飯3杯行けますぜ。(って変態でしょうか)

« オートパイロット トラックモードの不具合の情報追加 | トップページ | お隣のフネのティラーカバーを修理 »

DIYと整備」カテゴリの記事

コメント

初めまして
清水と申します
いつも楽しく拝見させて頂いています
私もミシンが欲しくてたまりませんでした
知人が工業用をミシンを2台持っていましたので
その一台を頂きました
家庭用では限られています
これからヨット用品の修理、作成が楽しみです
失礼します


清水さん、はじめまして。コメントありがとうございました。
ミシン入手されたそうで。楽しみですね。
私はなんせ初心者も初心者で判らないことだらけです。
「こうしたほうがいいよ!」とありましたら、是非コメントよろしくお願いいたします~。

今後ともよろしくお願い致します。

ボートに乗っているとオーニングとか必ずぼろぼろになってきて工業用ミシン欲しくなりますよね。
自分も以前かなり欲しくなりましたが実行までは・・・・
厚いサンブレラの生地も縫えるのでしょうか?
オーニング製作が自在ならシートのカバーから皆極上の状態が保てますね。

divaさん、こんにちは~。
サンブレラの件ですが、4-5枚重ねのところは難なく縫えました。
作成後5年以上経過したと思われる末端の三つ巻き*2+1枚=7枚重ねのところはきつかったです。とはいっても、ロープが硬くなるのと同じような感じで石のようになっていましたので、ミシン針を手で回しても易々とは貫通しませんでした。また、その段差の乗り越えは数針分だったので、そこだけ手回しすれば問題無かったです。
また、新しい布なら問題なさそうな感じを受けました。

Adajioさん、

今日は、始めてご連絡します。Adajioさんがミシンについて書かれてから、大分時間も過ぎ恐縮です。

エスプリデユバンに伊豆の西海岸で乗っています。シングルで乗っており、ビミニ、ソーラーパネルと取り付け、今無性にドジャーが欲しくてたまらなくなっています。船の寸法等を実測し、フレームを作る算段は大体したのですが、ミシンで行き詰まっていました。インターネットでも大分あたったのですが、基本知識がなく、迷っていました。5万位で手に入らないかと。中古でも良いのですが。

そんな折に、Adajioさんのサイトにめぐりあいました。Adajioさんの経験を教えていただけると助かるのですが。ミシンの銘柄、モデル、出来ればお店とか、価格とか。不躾な事をお願いして申し訳ありません。私も御多分に洩れず、ミシンは全くのド素人で、子供の時に母親の足踏みミシンをちょっと触った程度です。

よろしくお願いいたします。Alcyone

はじめましてAlcyoneさん。書き込み有難う御座いました。

ミシンの件、了解です。お気持ちとってもよく判ります。

私も全くの初心者で、小学校の家庭科で足踏みミシンを使っただけだったから(しかも殆ど記憶なし)、右も左も判らなくてミシン購入の情報収集にはかなりの苦労を致しました。

ということで、折角調べたこと無駄にするのもナンですので、、、別記事として纏めてみました。
ご覧いただけますと幸いです~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362753/51304960

この記事へのトラックバック一覧です: ミシン男子 誕生:

« オートパイロット トラックモードの不具合の情報追加 | トップページ | お隣のフネのティラーカバーを修理 »