2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月 7日 (金)

湾奥探索

東京湾湾奥は今更改めて言うのもなんですが「コンクリートジャングル」です。

はい、ご存知ですよね。。。sweat01

そして、ヨットがアンカリング・岸壁係留出来る所は本当に少ないのが実情です。

ヨットは走っているだけで面白い面がありますので、特別目的地は不要だと(個人的には)思っていますが、、、でもそうは言ってもたまには何処かに行きたいです。

まあ、どんな良い場所だって、住処と一緒で毎日そこに居れば飽きるのは道理。そういう意味で普段の係留場所と違う空気なら良しとして、「とりあえず休憩できる安全な場所」を探索してみようかなと。

プラスアルファとして上陸できて・・・近くに美味しい食事どころとか温泉でもあれば尚良し。って、そんな場所があるのか????

そういう桃源郷を探しに出てみようと考えたわけです。

サテ出航。

Dsc03005
梅雨の晴れ間・・・といっても薄曇の早朝にシングルハンドで出航。

いまだにGPSプロッタが付いていません。

よって今回も海図オンリーです。

Dsc03013
前回双眼鏡を忘れ、酷い目にあってしまいましたので今回は忘れずに。
あと新兵器としてウエストマリンで買ったチャート用定規を初めて使ってみました。これ、物凄く便利です。三角定規無しに方位を決めた線を引けます。コレはお勧めです。happy02

Dsc03008
とりあえず湾奥最奥部に向けて走ります。向こうに見えるは東京ディズニーシー。

Dsc03025  
遠くに見える点は千葉港沖にある船舶信号所。海の真ん中に「I/F/O」などの電光表示がされていました。

ところで最湾奥の方向を走って思ったのですが、何時もの湾マリ・夢マリ沖と違って本船が非常に少ないです。タグとかの通船も一桁少ないのでは?と思うほど少ない。
平日ということもあってプレジャーボートも全く居なかった。
ホームポート沖から3時間ほど真っ直ぐセイリングしましたが、一度も進路変更の必要が無かったです。
って、これが本来の海の姿で、何時も遊んでいる箇所が特殊なのかもしれませんが・・・ヨットでセイリングという本来の目的を考えると、湾奥部(浦安・船橋・千葉沖)は大変気持ちよい場所だと感じました。

そういう感じで走ること3時間。

Dsc03043
海図・グーグルアースなどで目星をつけていた岸壁に到着。

ここ、陸上交通の便もよく、「上陸したいと思う理由」が存在し、、、、個人的には大変気に入りました。

詳しい場所はゴメンナサイ。ブログでは公表は差し控えさせて頂きます。

「おらが町・湾奥」を見直す良い機会でした。

Dsc03049
でも、、、現地についても、何時もの「冷やしうどん」。。。。

だって、探検ですので・・・・とんぼ返りの可能性もあったので食材を用意しちゃって、結局何時もと同じお昼になってしまいましたとさ。

ちゃんちゃん。

入り口にのれん

ミシン男子、のれんを作ってみました。

ドッグハウスのスライドハッチの刺し板って普段閉めるのが億劫です。

でも係留中に雨とか降ると入り口付近が濡れてしまうし、航海中は波しぶきが入ったりで開放するのも気を使います。

そう思っていたら同じ桟橋のY船長の艇に防水暖簾(のれん)がかかっていました。
全て自作で作られたそうで・・・このアイディア頂きました。

まず例によってブルーシートで型紙づくり

Dsc03001
暖簾素材は工場などで防水に使う「ターポリン」というシートを通販で買ってみました。メーター2000円弱也。

今回はミシン掛けするところは大してなく、初心者の自分でも1時間弱で完成。

Dsc03015
見た目は普通のハッチカバーですが・・・

Dsc03016
ジャジャジャジャーン。

Dsc03014
出入りの時はバサッツとハッチの上に載せるだけ。

Dsc03019
カバーの上にはマジックテープを縫いつけるのとホックを装着し

Dsc03020
スライドハッチの縁を包むように装着・・・

Dsc03018
暖簾の下はアルミ棒を重しとして入れました。ミシンで袋状に縫い合わせてみました。

単純明快な作りですが、この程度のものでも夜中に害虫なども入ってこず、雨が降っても漏れて来ず。クルージング中も飛沫や排ガスなども防止でき、それでいて開け閉めは超楽になって非常に便利になりました。Y船長、ナイスアイディアです。。

冬用にはこの暖簾の裏にキルティング生地でも縫い付けてみて、断熱防水暖簾にしてみようかと思っています。

2013年6月 1日 (土)

ミシン男子修行中 その2

出来上がったカバーをWO号へ・・・・

Dsc02993
WO号、只今刺し板を塗装中です。しかし直射日光に木部塗装は弱いのでカバーを作ることになりまして・・・

Dsc02995
先日縫ったカバーを、このスナップで装着。

Dsc02996
こんな感じでスナップとハトメを取り付け・・・

Dsc02999
こんな感じに完成。習作ですので、、、細かいところはご勘弁を>WO船長。

Dsc02997
をを、なんとかピッタリのサイズに仕上がってホッとしました。

お陰様でこの手のカバーの作り方が判りました。
作り方が何となく判ってきたら、自分の艇に航行中や雨の日などのスプレー避け「のれん」を作ってみたくなりました・・・。近いうちにトライしてみます。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »